読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【コラム】YouTubeで見る新外国人インプレッション

名古屋グランパス 名古屋グランパス-2017オフシーズン

f:id:hal_2008e:20161109104140p:plain


正直なところ、今シーズンは大量入れ替えばかり気になって、新外国人への妄想でワクドキできてませんでした。シーズン前の美味しい肴でもあるわけで、味わわずには勿体無い。

 

ということで信憑性に欠けるYoutube映像から、ブラジル人の3人を早々と見切ってみようと思います。

【スポンサーリンク】


Charles Luis Reiter(シャルレス・ルイス・ヘイテル)

【インプレッション】

前所属クラブ、セアラーFCで昨シーズン26試合出場。レギュラーディフェンダーだったと思っていい。ちなみにセアラーFCはブラジル2部の中堅クラブらしい。

 

映像を見るに正統派のセンターバックにようだ。体格に優れ、体を張れる。クロスボールを弾き返す高さも申し分ない。攻撃面に目を向ければ「コーナーからのヘッド」という武器も持っていそうで、総じて退団した闘莉王のようなタイプと考えてそう遠くない。

 

存外スピードもあり、「当たり助っ人」の匂いは強い。今の名古屋の守備陣を見れば、彼を中心とした守備組織となる可能性は大きい。

 

ひとつ気がかりを挙げるとするならば、高精度のフィードを供給するような場面が見られなかった点。足元は平凡なのかもしれない。その意味では「正統派ディフェンダー」のさらに前方に「クラシックな」という形容詞が付くのかもしれない。その点、技術を要求する風間サッカーという意味では多少の懸念は残らなくもない。

 

【Youtube】

 

【選手情報(公式HPより引用)】

◇出身地

ブラジル

◇生年月日
1988年4月26日(28歳)

◇ポジション
DF

◇身長/体重
188cm/83kg

◇経歴
Joinville(ブラジル)→Juventus SC(ブラジル)→Fortaleza(ブラジル)→Paysandu(ブラジル)→Ceará(ブラジル)

◇コメント

「名古屋グランパスの様な素晴らしいクラブの一員になれることをとても光栄に思います。ユニフォームを着る度、チーム全員が一丸となりクラブの目標を全て達成出来る様、全力を尽くそうと思います。」

 

Felipe Garcia Gonçalves(フェリペ・ガルシア・ゴンサウヴェス)

【インプレッション】

前所属クラブ、ブラジウ・ジ・ペロタスで昨シーズン36試合出場、13得点。数字からエース格のストライカーだったと判断する。ちなみにブラジウ・ジ・ペロタスはブラジル2部の新興クラブのようだ。近年は3部、4部を彷徨い、昨シーズンは2部での戦いを中位で終えている。

 

映像を見る限り、点で合わせるストライカーのようだ。ゴール前でクロスに合わせるようなプレーを得意とする。

 

何よりフィジカル能力が全般的に高い。図抜けて背が高いわけではないが、高性能なバネを備えたフィジカルを活かしたヘッドは明らかな武器。標準以上の瞬発力を備え、なかなかのスピードもある。嗅覚と言われるものも備えているようで、泥臭いゴールも多い。「ストライカー」という言葉を裏切らない選手だと思っていい。

 

ただし、決定力はそこそこと思ったほうがよい。フィジカルを活かしたスーパーなゴールを決めたかと思えば、一対一を決めきれない場面も目立つ。その点、36試合13得点という数字はジャストで正しい数字に見える。

 

もう少し分かり易い例えをすると大いに川又堅碁を思い出させる選手とも言える。そう考えると日本人である川又をキープせず、外国人という博打を打たざるを得ない戦略のまずさは少々残念ではある。

 

が、フェリペ・ガルシアに罪はない。少なくともJ2では十分に活躍できる器だとは思う。シーズン15ゴール程度が妥当なラインだとは思うが、佐藤寿人との競争を制することができるかどうかもポイントとなりそうだ。

 

【Youtube】

 

【選手情報(公式HPより引用)】

◇出身地

ブラジル

◇生年月日
1990年11月6日(26歳)

◇ポジション
MF

◇身長/体重
185cm/70kg

◇経歴
Næstved(ブラジル) → Santo Ângelo(ブラジル) → Brasil de Pelotas(ブラジル)

◇コメント
「初めましてフェリペ・ガルシアです。今回素晴らしいチャンスを与えていただいた名古屋グランパスがJ1に昇格するために 全力でプレイします。みなさん、一緒に頑張りましょう。」

 

Cezar Washington Alves Portela(セザル・ワシントン・アウヴェス・ポルテラ)

【インプレッション】

前所属クラブはフェリペ・ガルシアと同じくブラジウ・ジ・ペロタス。昨シーズン36試合出場で得点はない。キャリアを眺めても得点は殆ど無いようなので、得点力には期待できないと思ったほうがよい。

 

映像を見た印象は特徴がないことが特徴のような選手であるということ。良く言えば、バランス型のミッドフィールダーと言えるのかもしれない。

 

中盤の底で、そこそこ守り、そこそこゲームも作り、フィジカルは強くもなく弱くもなく。強いて言えばヘッドはやや強いとは言えるかもしれないが、それも「やや」と言っていい。磯村あたりと同等の実力のように思えたが、外国籍枠を使ってまで獲った選手である。映像では分からない美点があると思う。思いたい。

 

【Youtube】

 

【選手情報(公式HPより引用)】

◇出身地

ブラジル

◇生年月日
1986年11月16日(30歳)

◇ポジション
MF

◇身長/体重
183cm/82kg

◇経歴
Canoas(ブラジル)→EC São José(ブラジル)→Brasil de Pelotas(ブラジル)

◇コメント

「クラブ、監督、コーチ、サポーターの皆さん、初めまして。私はワシントンと申します。名古屋グランパスの様なビッグクラブのユニフォームを着ることができてとても嬉しく思います。このクラブの一員としてクラブのJ1復帰を実現させることが待ち遠しいです。皆さんにお会いできることを心待ちにしています。」

 

あとがき

ええ、わかってます。Youtubeの映像なんて当てにならないですから。いいところばっか抜き出して、界王拳並みの倍率で強力な選手に見えますから。

 

あれ?でも全員Youtubeでも小粒に見えたぞ?ん…?

 



 ■ブログランキング■

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
【気が向いた時にでもポチってください】