読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【採点】【J2 4節】連敗回避 名古屋グランパス vs 水戸ホーリーホック

f:id:hal_2008e:20160404012633p:plain

明治安田生命J2リーグ 第4節


ここまで「1勝1敗1分」。この試合に負ければ「1勝2敗1分」。勝てば「2勝1敗1分」。当たり前の話だ。が、字面から受ける印象は相当に異なる。前者であればネガティブなイメージを持たざるを得ないし、後者であればもちろんポジティブである。

 

試合数の浅い現時点では「1」という数字の影響が大きいように思う。ましてや負ければ連敗。嫌な空気を作らないためにも是が非でも勝利。

【スポンサーリンク】


フォーメーション&試合結果 

f:id:hal_2008e:20170318174459p:plain


名古屋グランパス

f:id:hal_2008e:20160227201730j:plain

2

2-0

0-1

1

水戸ホーリーホック 

f:id:hal_2008e:20170318175927p:plain


採点(名古屋グランパス)

負けてもおかしくはない内容に不満の残る試合。

 

GK 楢崎 正剛 6.0

唯一の失点は防ぎ難かった。股を抜けたが至近距離だったので反応を求めるのはさすがに酷。それ以外は、いつも通り的確なセービングを披露。

 

DF 櫛引 一紀 6.0

さすがの対人能力をみせる。攻撃で多少のミスはあったが意欲は買う。

 

DF シャルレス 6.5 【MOM】

初スタメンにして、優良外国人であることを証明した。対人能力の強さ、攻守に存在感を発揮し続けた高さ、クリアを味方に繋げる足元の技術。そしてときおりみせる闘志は、体を張れるファイター型センターバックの証と言っていい。初見だが、櫛引との2CBは既にJ2屈指の強固なコンビと断言できる。

 

DF 内田 健太 5.0

左サイドバックでの出場。ただし、位置取りは高く、サイドの守りの対応が中途半端だったことは否めない。再三、水戸にサイドで起点を作られたが、チームに課せられた役割なのだろうから、彼だけの責任とも言い切れない。が、求められる役割を消化し、臨機応変な対応ができていないという言い方もできなくはない。

 

DF 宮原 和也 5.0

右サイドバックでの出場。印象は内田とほとんど変わらない。数度、得意のドリブルでスルスルと上がる場面があったので、多少彼の方が印象はいいが、採点を変えるほどではない。

 

MF ワシントン 6.0

1ボランチとして猟犬の役割を果たした。カバーする範囲は広大も、それなりに対応してみせた。運動量も安定していて、ボランチとして堅実。

 

ただ、攻撃での貢献はそれほどない。これは技術不足というよりも、センスの問題のようにみえる。無難に繋ぎはするものの、ゲームメイクといった感はない。総評すれば、守備力はやや劣るが、技術が堅実なイ・スンヒといったイメージか。

 

MF 玉田 圭司 6.0

前半、ゲームメイクの全権を握った。2点目となったシモビッチの得点も、彼の決定的なパスから生まれた。

 

ポジションはセントラルミッドフィルダーと言ってよく、前後によく動き、名古屋の攻撃を前後によく繋いだ。玉田の高い技術が遺憾なく発揮されていて、この役割は悪くない。ただし、後半は守勢の流れに飲み込まれ、ほとんど効果的な動きができないまま交代となったことは課題。ボールを収め、チームを落ち着かせる必要があった。

 

MF 和泉 竜司 5.5

またも生き生きとせず。後半はやや持ち直したが、やるべきことを整理できておらず、判断に迷いがみえる。

 

ポジションは、玉田と同じくCMFと言っていい。確かにゲームメイク、得点、守備と多彩な貢献を求められるこのポジションは、難しい役割であり、相当なサッカーIQが必要となる。が、ここまで先発で使われ続けていることを考えると、監督の期待は相当に大きいとみてよく、なんとか期待に応えたいところ。

 

MF 佐藤 寿人 5.0

相変わらず結果がでない。随所に巧さを見せているだけに得点さえ取れれば何かが変わるような期待感はある。

 

が、逆に結果が出ていないだけに、佐藤をこのポジションで活かしきれるのか、というと疑問も相変わらず拭えない。

 

FW 永井 龍 5.5

シモビッチの得点をアシスト。裏へ抜け出し、アシストとなるクロスを上げた。ただ、低調なチームに引きずられたような印象で、これ以外の効果的な働きは少ない。

 

FW シモビッチ 6.5

初先発、初得点と結果を出した。それほど器用ではないポストプレーもJ2では十分安定していると言っていい。起点になり続けた動きに加え、守備でも熱心なチェイスを終盤までみせ、初先発に気合いで応えた。

 

FW 押谷 祐樹 5.5(59分~)

起用された時間が悪い。悪い流れに飲み込まれてしまい、存在感を消した。当然、流れを変えることも期待されようが、彼一人でどうにかできる状況でもなかったとも思う。

 

FW 杉森 考起 採点なし(81分~)

何度か活きのいい仕掛けを見せた。やや盛り返した場面でもあったため、短い時間ながら印象はいい。

 

あとがき

勝てて良かったとしか言えないですね。ただ、行きつ戻りつしつつも、チームとしては前進しているように感じます。もちろん目に見えて何かが変わったわけじゃないんですが、雰囲気は悪く無さそうなんでね。

 



 ■ブログランキング■

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
【気が向いた時にでもポチってください】

 


■感想記事■ 

(近日アップ予定)