【採点】【J2 13節】大崩壊 大分トリニータ vs 名古屋グランパス

f:id:hal_2008e:20160404012633p:plain

明治安田生命J2リーグ 第13


はっきり言って酷かった。2失点目以降は集中力が完全に消え失せ、特に守備ではチームの体をなしていないと言っていい。

 

明らかに今季最大の大敗。ただ、正直なところ心配はしていません。なぜなら選手はいつもの風間サッカーをこなそうとしていたから。少しボタンがかけちがっただけのように思います。

 

そもそも現時点の完成度ではこんな波があるサッカーです。これまで上位につけられていたことが幸運だった面もある。が、これも正直なところ、負けは飽々でもある。試合を見るたびに感じる疲労感は、十分昨シーズン味わった。

 

幸い次節はミッドウィーク。陰鬱な気持ちは数日だと思っておきます。

【スポンサーリンク】


フォーメーション&試合結果 

f:id:hal_2008e:20170513234103p:plain


大分トリニータ

f:id:hal_2008e:20170513224806p:plain

4

1-0

3-1

1

名古屋グランパス

f:id:hal_2008e:20160227201730j:plain


採点(名古屋グランパス)

ここまでチームが崩壊すると個人採点などに意味はない。

 

個別の失点においてミスを追究することは可能だが、今日の試合はそのレベルに値しない。特に後半は見るに堪えず、一律マイナス1する程度の精度でしか採点しない。

 

GK 楢崎 正剛 5.0

4失点。

 

失点場面は仕事を求めるに難しいシチュエーションではあった。ただ、コーチングなどで最終ラインをもう少しだけまともにすることは出来たのではないか。というよりも彼の立場ならばやらなければならない。

 

序盤はリベロ的な動きに冴えをみせていただけに勿体ない試合となった。

 

 

DF 内田 健太 4.5

守備に対する姿勢がやや甘い。

 

この試合に限ったことではないが、彼の場合、守備への気遣いというものが多少足りない。単純なフィジカル勝負に物足りなさは感じないが、ちょっとしたポジショニングや相手の意外性あるプレーに対する対応力などはどうしても物足りなさを感じる。身も蓋もない言い方をすれば、守備センスが足りないとも言える。

 

今日は序盤から攻め上がる回数も多く、好調なスタートを切ったかにみえたが、守備力の向上が成されない限り諸刃であり続ける。

 

 

DF 酒井 隆介 4.5

コンディションは悪くない。内田同様序盤は積極的に攻め上がりもした。

 

が、一つひとつのプレーに雑さを感じる。良く言えばダイナミックとも言え、豪快な成果を挙げる場合もある。例えば群馬戦の得点などはそういうことだろう。

 

が、この日は悪い方向に出たと言ってもいい。彼が与えたPKも判定としては厳しいが、あの場所で滑るということは、当然そのようなリスクもあるということは自覚すべき。

 

 

DF 櫛引 一紀 4.5(~54分)

引き続き調子は下降傾向。持ち味が発揮される3バックセンターでの起用ではあったが、全般冴えない。

 

両隣が留守にすることが多いことから奮迅のカバーリングが求められるが、ワシントンという相棒を失ってから手に余っている。これはもちろん戦術的な問題であって彼個人だけの問題ではない。が、もう少しこなせるはずだ。

 

  

MF 田口 泰士 5.0

求む、打開策。

 

前節に引き続いて相手を攻略できなかった。起点としてほとんど彼を経由することから攻撃の方針はほとんど彼に依る。よって、強い言い方をすれば、相手を崩せなければ、彼のせいであると言い切ることも出来る。


確かにドリブルを交える、ゴール前に飛び出すなど工夫はみえた。が、やはり彼が波にのっていくには結果が必要だし、もちろんチームにとっても必要である。

 

 

MF 磯村 亮太 4.5

久々の本職ボランチで出場も守備に甘さを露呈。

 

序盤は田口とともにいいパスの流れを作った。が、やはり守備では物足りなさが目立つ。田口の相棒ならば、やはり守備を考えざるを得ず、そうでなければこの日のようにいいように中盤を使われ切る。

 

 

MF 宮原 和也 4.5

攻撃の精度が足りない。

 

もちろんこの試合に限定しないが、攻め上がる回数は十分でも効果的な攻撃があまりに少ない。彼の場合、内田にないセンスは兼ね備えるが、内田にある力強さや強引な一発がない。加えて軽いミスも多い。

 

良く言えば何でも出来ると言えるかもしれないが、悪く言えば、何が出来るのかがみえにくい。

 

 

MF 和泉 竜司 5.0

久々のワイドで戸惑いがみられた。

 

序盤、好調なチームから一人取り残された印象。ミスが散見され、動きもぎこちなさが残った。が、ボランチに入ってからは自分の持ち味を思い出したようにもみえ、幾度からしさを垣間見せた。

 

 

MF 玉田 圭司 5.5

困ったときの玉田頼みがみられた。

 

序盤は広範囲に動き回り、厄介な存在になった。ただ、流れが悪くなってくると彼にボールが集まりすぎ、手詰まりとなる。というのも最後の局面における精度が足りず、どうしても決定的な場面にならない。


十分貢献しているとは重々思うのだが、クオリティーをもう少し求めたい。

 

 

FW 佐藤 寿人 5.0(~67分)

復帰初戦は存在感をみせられず。

 

ゲームのつくりに参加し、時に前線を伺ったが、試合感不足からかミスが多かった。ただ、やはりフリーになる動きは別格の感がある。

 

 

FW 押谷 祐樹 5.0 (~59分)

悪い意味で無難、というより比較的ボールに絡むシーンが少ない印象。

 

佐藤は下りてゲームメイクに絡むことが多かったが、押谷は裏を狙うことの方が多かったように思う。が、それ程効果的なボールが出てこなかった。

 

 

FW シモビッチ 6.0(54分~)

唯一の得点者。

 

ゴールはスーパープレイだったと言っていい。今日は状況が状況だけに誰もが彼に頼りたくなる気持ちを見事に表現した。チームをつくりながら勝点を拾っていくのであれば、やはり彼が必要であろう。

 

 

FW フェリペ・ガルシア 5.0(67分~)

何もできなかったに等しい。

 

シモビッチの得点をアシストしたとはいえ、やはりミスが多く、それ以外で見せ場はない。何かやってくれそうな雰囲気はあるし、得点という結果も残している。が、精度の面で逆のため息をつかされることが多く、10番を与えた期待に沿っているかと言えば、そうとは言えない。

 

 

FW 杉本 竜士 5.0(69分~)

無謀な突貫。ボールを大事に。周りをみて。

 



 ■ブログランキング■

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
【気が向いた時にでもポチってください】