【感想】【U20WC 決勝T 1回戦】小川の大きさ U20日本代表 vs U20ベネズエラ代表

f:id:hal_2008e:20170521224335p:plain

FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017 決勝トーナメント 1回戦


3位通過のベスト16。もちろん悔しいけど、ものすごく客観的にみれば至極妥当な結果なのかもしれない。

 

出来れば決勝あたりを観戦して全体のレベルを知りたいとも思うけど、さて、BSフジで放送あったりするのだろうか。

【スポンサーリンク】


フォーメーション&試合結果 

f:id:hal_2008e:20170601035421p:plain


U20日本代表

f:id:hal_2008e:20161011234003p:plain

0

0-0

0-0

(0-0)

(0-1)

1

U20ベネズエラ代表

f:id:hal_2008e:20170601035511p:plain


強豪だったベネズエラ

ベネズエラは紛れもなく強豪だったと言っていい。今大会で戦ったどのチームよりも強く、幾人かのプレイヤーは抜きん出た能力を有した。加えて、チームとしても十二分な統率も併せ持つ。

 

一方でそのベネズエラを相手とし、延長まで戦いに戦い切った日本代表はどうだろうか。こちらも好チームと言っていい。後半途中、体力が落ちる直前まで整然とした集中力を発揮した守備陣は特に褒めていい。

 

では、敗因はなんだったのだろうか。もちろん地力の差だったと片付けることも可能だ。各ポジションの優劣の積算が0-1という結果に集約された、という言い方になる。その論法が素直に通用するほどベネズエラは優秀な選手を擁した。

 

もう一歩、敗因に近づいてみる。つまり、より局所的にみるならば、この試合の日本はあまりに決定力を欠いた、と言うことになるだろう。延長後半のセットプレーで力尽きるまで、決定機は幾度かあった。山のようにはなくとも間違いなくあった。

 

が、決め切れない。特に岩崎がチャンスを不意にする場面は目立った。では岩崎が直接的な敗因だったかと言えば、それも少し筋が違うように思う。

 

小川の代わりがいない

結局のところ、小川の離脱が敗因だったのではないかと思う。正直なところ、この選手の存在の大きさは意外だった。堂安でもなく、久保でもなく、このチームが最も失ってはならないプレイヤーが小川という選手だった。

 

このチームが抱える攻撃陣は、層が薄いというわけではない。もちろんトップクラスと比較すれば薄いという言い方もできなくはないが、トーナメントを勝ち抜く可能性を持てるほどには層がある。

 

核となる攻撃陣は3人だ。体の強さと得点力がある小川、アイデアと突破力を持つ堂安、判断力と技術に優れるジョーカーの久保。

 

ただ、例えば堂安を失っても久保である程度の代用は利く。その久保を失っても三好がいるだろう。が、小川の代わりがみつからない。タイプ的には田川が担うべきだったのだろう。だが、彼は核にはなれなかったし、もともと小川と甲乙つけ難し、というほどには実力が迫っていない。

 

小川の代役をみつけられなかった日本は、小川に続いて信頼できるFW岩崎を酷使せざるを得ず、すり減るように使われた岩崎は消耗し、また責任感から体を張るような慣れない役割をもこなし、更にすり減っていった。

 

その過程があったからこそ、岩崎の切れ味はここにきて極めて鈍り、決めるべきときに決めることができなかった。

 

ここまで想像ではあるが、決定力不足が敗因というわけではなく、小川を失ったことが敗因であり、もっと遡れば、小川のような本格派のセンターフォワードが不足している現状が敗因であり、その小川ありきの戦術を採用してきたチームのリスクマネジメントの拙さが敗因ではなかったか、ということが言いたかった。

 

なので小川の負傷が無ければ、と思わなくもないが、まあ意味のないことではある。

 

次戦に期待

大会の最終戦となったこの試合、間違いなく今大会最も優れた出来をみせた。小さくまとまりかけた第3戦を修正し、我慢強く、確信を持ったチームプレーをみせてくれた。

 

それだけにあと1戦、という気持ちは大きい。が、このチームはまだ続く。7月にはオリンピックアジア1次予選が始まる。

 

意外にも早いタイミングで彼らの次を見ることが出来ることに喜びながら、進化を持ち越したチームに大きく期待したい。

 



 ■ブログランキング■

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
【気が向いた時にでもポチってください】

 


■ハイライト■


Match 37: Venezuela v. Japan - FIFA U-20 World Cup 2017