【感想】【E-1 3節】虚無感だけの試合 日本代表 vs 韓国代表

f:id:hal_2008e:20171211213204p:plain
EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会 第3節


フォーメーション&試合結果 

f:id:hal_2008e:20171218030659p:plain


日本代表

f:id:hal_2008e:20171211214029p:plain

1

1-3

0-1

4

韓国代表

f:id:hal_2008e:20171218030629p:plain


 【スポンサーリンク】



最終戦は最低の試合 

チームと言うにはおこがましい日本代表だった。

 

韓国という多少骨のある相手に、何も出来なかったと言って過言ではない。それも韓国が好チームだったかと言えばそうでは無い。

 

何しろ気分が良くない。それはこの敗戦に得るものが皆無だからでもある。ただ、それだけではない。日本代表ともあろうチームに「頭脳が不在だったこと」に何より腹が立つ。

 

攻めれば焦ってパスミス、ディフェンスラインはガタガタ、このチームにゲームを修正する力は皆無。ただただ監督の指示と無駄な焦燥だけがある。チームとして統一された意志はなく、それを醸成出来なかった昌子、今野には中心選手だけに特に反省の必要があるように思える。

 

こんな状態ではチーム力はもとより、個人の能力を見極めることさえ不可能だ。もちろん寄せ集めでしかないチームだというエクスキューズはある。選手に言いたいこともあるだろう。が、それでもこの試合の言い訳には足りな過ぎる。

 

選手は大いに恥ずべきだし、繰り返すが戦術や個人に言及する価値がある試合ではない。監督の責以前の問題と言っていい。

 

E-1サッカー選手権とは何だったのか。全く虚無感だけが残る大会だった。ごく少ない収穫は、中村航輔と伊東純也のみだった。

 

 



 ■ブログランキング■

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
【気が向いた時にでもポチってください】

 


 ■ハイライト(Youtube)■

 


完敗… 日本vs韓国 2017東アジアE1選手権 Japan Korea Highlight

  


  ■この試合のその他の記事■  

(書けばアップ)